サラリーマンの田舎で安穏生活

都会のサラリーマンでありながら、のんびりとした田舎暮らしにも憧れ、自宅を田舎に移し、畑作や自治会活動や昔の暮らし方などいろいろな経験をしてみる記録。

👨‍🌾自然農体験隊〜アスパラガスの損益分岐点〜

畑の大根も、ほぼ食べつくし、残った大根は白菜の跡地に埋めて保存。ちなみに、大根の土中保存の秘訣は、葉っぱを刈り取って、逆さまにして土の中に埋め込む方法がいいらしい。

f:id:annonseikatu:20181214200324j:image

さて、大根の畝が空いたので、来年用にアスパラガスを育てることに決定。大きな株を一回植えると、毎年春と秋に、ニョキニョキ出てくるらしい。それも、植え替えずに、なんと10年間つづけて収穫できるとのこと。 

 

早速、アスパラガスが来年から収穫できる大きな株をネット検索、、、、う、、、う、、、た、か、い。

一株、1,000円。

大根の種は、200粒で300円、白菜も苗で買っても、一株100円なので、急激なインフレ到来。さらに、アスパラガスは、肥料食いの植物なので、肥料代も含めると、まさにグルグル、インフレスパイラル状態。

とはいえ、うちの家計は、サラリーマンの特権、今は、ボーナス特需の状態。ということで、送料込みで、6株購入。早速定植してみた。

f:id:annonseikatu:20181215073638j:image

まずは、元肥として、腐葉土と牛フン堆肥を3袋ずつ埋め込み。

f:id:annonseikatu:20181215073614j:image

その後、株を定植。

f:id:annonseikatu:20181214183724j:image

保温のために、堆肥を重ねて終了。

f:id:annonseikatu:20181214180218j:image

「初期経費=約10,000円」

アスパラガス株 1,000円×6=6,000円。

腐葉土350円×5=1,750円。

堆肥350円×5=1,750円。

 

「収支見込」

市場調査結果(yahoo!、北海道産)

親指サイズ(3Lサイズ)×40本(2kg)=10,000円。

 

親指サイズ40本収穫出来れば、元は取れる(^^)

 

 

 

🏡里山の自治会〜代参講?〜

代参講、、、、?、、初めて聞いた言葉。

同じ神仏を祀ったりする組織を「講」と言って、遠くにお参りできない人のために、代わりにお札をもらってくること、、、というのがザックリとした説明。

そして、うちの集落でも、江戸中期から、脈々と続いているらしい三峰神社代参。

移住2年目にして、おこがましいと思いながら、集落の一大神事である代参に夫婦で参加させてもらいました。

総勢8名、朝早くに自治会長の家の前に集合して、車で出発。

それから、ひたすら青梅と秩父の山道を通り抜けること約2時間。ついに三峰神社に到着。

f:id:annonseikatu:20181208164519j:image

拝殿の隣で、みんなでお茶を飲んだり、お土産屋さんをブラブラすること30分。

ついに、合図があり、ご祈祷のはじまり〜、はじまり〜。

当日は、自治会長の計らい(コネ?)で、神社の年二回の例大祭のご祈祷も同時進行。なんと、神主様含め、装束を着た神職6名と巫女様1名で約1時間にわたる豪華バージョン。

途中で雅楽に合わせて、巫女様の奉納舞があったりして、まさしく、映画「陰陽師」の世界。国家繁栄を願って、みんなで「君が代」斉唱もあったりして。「君が代」を歌ったのは、たぶん中学か高校の卒業式以来。

ご祈祷が終わり、集落全員分のお札を授かり、代参は無事に終了。

玄関の上に、授かったお札を掲げて、家の無事を祈りました。

f:id:annonseikatu:20181215201216j:image

左から、「盗賊除」「火防」「諸難除」の護符。

 

 

 

 

 

🍙昔暮らし探検隊〜ワラで正月飾り作り〜

今年もあっという間に季節が通り抜けて、いよいよ師走!そして、まもなくお正月。

ということで、正月飾りの準備に取り掛かりました。

去年は、借りている畑で北風除けのための大量の稲わらを使ったけど、今年の畑の北風除けは、大麦に変更!

f:id:annonseikatu:20181211070959j:image

f:id:annonseikatu:20181211071641j:image

資材調達のため、ホームセンターコメリに。なんと、2つかみで700円。おそるべし里山商法!

ネットの情報を参考に、亀の正月飾りを作ってみました。

f:id:annonseikatu:20181211070417j:image

鶴も亀の背中に乗ってるよ!

素人ながら、なんとか形に。あとは、クリスマスが終わったら、玄関に飾ります。

f:id:annonseikatu:20181211071916j:image

追記、、、

奥様が自家製キムチ作りました。よく出来ました。

f:id:annonseikatu:20181211070424j:image
f:id:annonseikatu:20181211070413j:image
f:id:annonseikatu:20181211070421j:image

 

 

 

🌛近所で七十二候〜メジロにみかん〜

「橘始黄」

今日までの七十二候。読み方は、「たちばな はじめて きばむ」

橘とは、柑橘の総称のことで、この時期は、実が黄色くなる頃とのこと。

確かに、うちの奥様は、先日、集落の方のお庭の木から「柚子」をどっさりもいできて、「柚子塩」を作っていた様子。お洒落に出来ました!奥様偉い!白菜の柚子塩漬け、ちょ〜美味しい!

f:id:annonseikatu:20181206182414j:image

そして、スーパーには、ひと月前には高級品だった「みかん」が、安く売っている。ということで、「みかん」が好きな「メジロ」のために、バードフィーダーにみかんを追加。

f:id:annonseikatu:20181206182207j:image

また、あの緑色の清楚な小鳥さんが来てくれるかな?

f:id:annonseikatu:20181206182811p:image

(今年の雪の日に、庭のメジロをガラス越しに狙う飼い猫の様子)

 

🌛近所で七十二候〜落ち葉掃除〜

「朔風払葉」

11月27日〜12月1日の間の七十二候。読み方は、「きたかぜこのはをはらう」

 

そして、近所の風景。

f:id:annonseikatu:20181130171103j:image

北風が、枯れかけた木々の葉を落としまくって、落ち葉掃除が大変。家の前は、集落の人が通る場所でもあるため、自治会に入会している手前、綺麗にしなくては。

 

でも、三日後も、落ち葉の絨毯復活!

f:id:annonseikatu:20181130171805j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

👨‍🌾自然農体験隊〜畑で至高の時〜

昨日は、仕事がお休み。早く起きたので、日の出とともに、畑で、のんびり。

ポットに入れたコーヒーを飲みながら、誰も気にせずに、たばこプカプカ、至高の瞬間。

 

下の写真は、現在の畑の様子。

f:id:annonseikatu:20181127173000j:image

白菜は、、、頭にハチマキして、

大根は、、、土の中に埋めて、

長ネギは、、、最後の土寄せして、

あとは、食べたい時に収穫するのみ。

f:id:annonseikatu:20181129151225j:image
f:id:annonseikatu:20181129151221j:image

イチゴ、ソラマメ、エンドウ、のらぼう菜、大麦、タマネギは、防霜対策も終わって、あとは、春を待つのみ。

f:id:annonseikatu:20181129151245j:image

f:id:annonseikatu:20181129151306j:image

f:id:annonseikatu:20181129151419j:image

は〜るよこ〜い🎵

 

 

😸 猫の日日是好日〜無印さん、有難うにゃ〜

ご主人が買った無印良品の「体にフィットするソファ」、フカフカ〜フカフカ〜!

おいら、猫にもフィットするにゃ!

ストーブの横でゴロニャーン!

f:id:annonseikatu:20181127070833j:image

たまに、奥さまが独占してるニャー

そんな時は、座ってる奥さまの太ももに乗っかるのニャー